Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。




バルセロナでは、ほとんどお金を使わなかった…というと過言ですが、
リーズナブルで美味しいものがたくさんありました!


VOGUEの記事を読んでいってみたバル、Cerveseria Catalana(セルベセリア カタラーナ)

あとあと調べたら、tripadviser でも2位と割と知られたお店のようでした。

お店の人に2時間待ち!と言われた矢先、フランス人カップルが「あと5分で出るから席どうぞ」と言ってくれ、九死に一生。

カウンターの席に、するっと紛れ込んだのでした。
日本だとやっちゃいけない割り込みになりそうだけど、よく見るとみんな互いにコミュニケーションをとって席を回しているよう…。

テーブル席はともかく、カウンターは実力主義でした。
しかも、通はワインを傾けつつ、しっかり狙った席の後ろを張り込む、というスタイル。
なかなか真似できるものではないかも。

言葉もよくわからないし、素材が見えるカウンター、ありがたい!



みんなカウンターのむこうのシェフに釘付け。

ただ、大体の調理は裏手の厨房で行われている模様。


ゴートチーズのしたにはナス&パプリカ。
前菜にしては重め…?


カマンベールチーズにアーモンドダイスを散らして素揚げ。

ジャムがのっています。

チーズの塩味とジャムがマッチ!
もちろんとろ〜りです。




肉々しいものも!
ソースは味しっかり目でした。



プディング。
したにココナッツをしいていて食感も最高!

かねてから、流行りの “とろける” プリン(瓶に入ってないとダメなやつ)否定派のわたしには、
オーブンでちゃんと焼いたプディングには目がないのです!

Cerveseria Catalana
Carrer de Mallorca, 236, 08008 Barcelona




これは、
世界で一番美味しい(!)チュロス。

旧市街の細い道をくねくね進むとあります。

Xurreria Banys Nous (チュレリア・バニス・ノウス) 。


チョコ味とプレーン味の二種類。

プレーンは揚げたて!

砂糖をかけるかどうか聞かれます。
しばらく見ていると、
通(年配の一人客。きっと常連。)は砂糖なしのプレーンが多かったような。

わたしたちは砂糖をがっつりかけてもらいました。


チュロスのほかにもチップスやなんやら
揚げる系のスナックが何種類かありました。

すべてグラム売り。

チュロスは100g、0.9ユーロでした。



チュロス屋さんのまえで。

1968年開店以来お店のスタイルもチュロスの製法もそのままのお店。

t をx と書くのか…。
カタルーニャ語深い。

Xurreria Banys Nous
Carrer dels Banys Nous 8, Barcelona




エボラ出血熱を恐れ、この旅では手ピカジェルを多用しました。
エボラには効かないことはわかっているのですが、念のため!とあらゆるシチュエーションで殺菌。


手だけではなく、殺菌したいときに活躍するので旅行には一つあると便利かも。

備えあれば憂なし。


コメント

このブログの人気の投稿

Fasting Experience / 初めてのファスティングを経て。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。