My Yummy Neighborhood. / "おいしい" ご近所情報。

本は Nigel Slater 氏の。

滞在している Greenpoint は歴史的にポーランドの移民が多い地域。

via google map


まだ Williumsburg ほど開発されていないので、なんでもあって外国人にとって不自由はないけども、庶民的で安全で暮らしやすいので気に入っています。

特に、ベーカリーが多く、ヨーロッパにありそうな雰囲気の小さなお店が多いのもすきなところ。

観光地化されていないし、移民同士よく行き来するようなカジュアルなお店ばかりです。

(ルームメイト曰く、not fancy, but usual and good. らしい。)

そんなご近所で、ぜひリピーターになりたいお店をメモ。

■RIVIERA
830 Manhattan Avenue, Brooklyn
open : 8:00~21:00

典型的なポーリッシュベーカリー。

クッキーたち。

デニッシュもクロワッサンもリーズナブル。

きれいにカットされたケーキたち。

騒然と並ぶパンの他に、クッキーやケーキ、マカロンなどもあります。

このまま持って帰りたいアップルパイ…。

クッキーと、天板状に焼かれたケーキ類(アップルパイやチーズケーキなど)は量り売りのよう。

よく働く、感じの良い店員さんたち。

店内は気取らない雰囲気で、おじさん、おじいちゃんなんかもコーヒーとお菓子を囲んでワイワイ話し込んでいます。

これだけの量あるのに夕方や夜行くとパンは売り切れ。
すごい!

シンプルな外観。


727 Manhattan Ave, Brooklyn
open : 4:30~20:00 *土日はopen&closeともに一時間早まります。

ニューヨークドーナツ、発祥の地と言われているお店。

old fashioned。


本当にここがオリジナルなのかわかりませんが、聖地であることは確か。

種類が豊富。

old fashioned も2種類ある。

焼きたてのドーナツとグリーンの制服が可愛い店員さん。


朝8時くらいからすでに人だかり。
eat in もだいたい満席でした。


105 Freeman St Brooklyn
open : 7:00~7:00 *土日は8:00open。




こちらは2号店。
1号店(150 Wythe Ave Brooklyn)より小さくて可愛い(とわたしは思っています)。

店員さんがめいめいにパンを焼くらしく、タイミングによって出会えるパン・出会えないパンがあるよう。

ニューヨークだと真っ白ないかにも業務用のカップやソーサーが多い中、こちらはオーナーが気に入った食器でサーブされます。

カップ&ソーサーがばらばらなのもこの空間ではキュート。

店員さんたちみんながお揃いのつなぎを着ているのもポイント。

Bakeri Jumpsuit via bakeribrooklyn.com

31 Greenpoint Ave
open : 7:30~19:00 *土日は8:00open。

焼き菓子のおいしさはもちろん、WNYC Transmitter Park にほど近いので、ここでお菓子を仕入れ
公園でマンハッタンをながめながらピクニックすると最高!



Transmitter Park
West St. bet. Kent St. and Greenpoint Ave.


ちなみに、今回の4件はすべてすべてeat in あり。
買ってすぐ食べたい!というひとにもお勧めです。

一味違ったブルックリンの思い出を。

コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。