Cooking Class at The Brooklyn Kitchen. / ブルックリンの陽気な料理教室。

レッスンスタート!
先日、ブリックリンはウィリアムズバーグのある料理教室、The Brooklyn Kitchen の料理教室に参加してきました。

今回のテーマは「Fresh Pasta」。

今まで東京では生パスタのお教室には何度か通ったことがあります。

ニューヨークのイタリアンのレッスンはされさてどんなものでしょうか…。



The brooklyn Kitchen は、もともとキッチンウェアや調味料、野菜からパンやお肉などブルックリン産の食べ物など幅広く “食” に関わるものを扱うお店です。

調理器具や食材を紹介する、その延長線上で、料理教室も始まった模様。

教室の全容。

オシャレな内装。

れしぷと一緒にワインも渡されます。

今回は

☑ トマトソースのタリアッテッレ
☑ カッテージチーズのラヴィオリ

でした。


まずは根本の生パスタづくりから。

シンプルに 小麦粉(1カップ)、オリーブオイル(tbs1)、塩(tsp1)、たまご1。

ねかした生地を薄くしていきます。
0~8まで薄くして、適当な長さにカット。

幅が狭いものをタリアテッレ、幅に問題がないものをラヴィオリに使います。


生地は強いので結構引っ張っても大丈夫。

タリアテッレ。きれいなたまご色の生地。


ラヴィオリは専用の型?を使いふぃりんぐを詰め、成形

タリアテッレはゆでてソースに和えます。

※ソースは授業では習いませんでした。レシピを頂くのみ。

先生にとっての "some butter"…。

完成図。お皿がシンプル…。

アメリカの料理教室でいつも不思議に思うのが計量。

TBS … テーブルスプーン。
TSP … ティースプーン。

何グラム、とかじゃない。


前回、別の料理教室に参加したときは 「スプーンの大きさなんて家庭によってまちまちだろうし、適当なレシピだな」 とおもいました。

ただ、今回分かったのは、どうやらそれぞれ一般的な計量スプーンのようで、これはこれで正確な尺度なのだ、ということ。

なるほど…。
日本で一合、とか言っているのに近い感覚なのかな、とおもいました。



もらったレシピはシンプルでわかりやすい。

参加者もカップル、友達同士、職場の仲間などいろいろで和気あいあいの楽しいお教室でした。


ビジターでもウェブで簡単に申し込めるので、少し時間がある人にはおすすめのアクティビティです。

もちろん、キッチン用品を除きに来るだけでも価値はあると思います。


■The Brooklyn Kitchen
100 Frost St. Brooklyn
open : 10:00~20:00 ※日曜日は一時間早まります。

料理教室のカレンダーはこちら
※エプロンなどすべて貸出可。手ぶらで参加できます。





コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

Fasting Experience / 初めてのファスティングを経て。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。