Brooklyn Flea in W/W. / ブルックリンの屋内フリマ。

いまはニューヨーク一有名なフリーマーケット、Brooklyn Flea

秋冬は屋外に場所が移動するって知ってましたか?


そんなこと知らなかったので、調べていってよかった…。

夏しかニューヨークに来たことがなかったわたしは危うく寒空の中 Williumsburg の道端に出向くところでした。

10月17日からはその名も "Winter Flea" となり、Industry City(241 37th st) へ場所を移しての開催となるのでした。

なんとSmorgasburg の Food Flea も合同開催されるので一石二鳥、そして雨でも問題ないという至れり尽くせり。


会場のIndustry City はブルックリンのなかでも結構南の方。
わたしが住んでいる Greenpoint からだと約40分の道のりでした。


メインは Building 2。1階から6階までが会場となっています。

行ってみてびっくりしたのは、アトリエがたくさんあったこと。

4~6階までは、アトリエが点々と公開されていました。

Open Studio ということで、建物の中にアトリエを構えるアーティストの作品はもちろん、制作現場に入れます。

展示即売会みたいなことをやっているスタジオもあれば、ちょっとしたパーティをしているところも。

みなさんとてもフレンドリーで、商談をしなくても楽しめます。

鹿。作品のメインは写真のコラージュでした。

明るいドローウィング。


自由にたべてもいいよう。


特に素敵だと思ったのはこちら。
Jean Wolff さんの作品。

一番ちいさなものは100ドルから買えたと思います。


タイルの作品。素晴らしかった!

もちろん商談も可能。


作品いろいろ。

こちらではワークショップも。

Building 2の 3階は、プロ向けのVintage Marketplace がありました。
エントランスで15ドル払って入るのですが、せっかくだから行ってみることに。

ハイファッションのヴィンテージも。

ヴィンテージのアクセサリー。
ほかの階のヴィンテージとはすこし違い、お店ごとにコンセプトがあったり、ハイブランドのビンテージがたくさんあったりと、お金を払う価値はあったように思います。

(こちらは毎回あるわけではないようでした。)


さて、フロアを移動。

ザ・ガラクタ。

アンティークのカメラたち。

ガラクタの森。


Building2 の 2階は洋服とガラクタ。

この日は結局イヤリングを購入。

若干マケてもらったのでした。


Brooklyn Flea
241 37th ST, Brooklyn

Winter Flea + Smorgasburg at Industry City
 * 10月17日からは屋内開催に変わります。
   (Fort Greene Flea、Williumsburg Fleaともに一時閉店です。)

Saturday & Sunday 10:00~18:00
Flea + Food • 150 Vendors

コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

Fasting Experience / 初めてのファスティングを経て。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。