Art? or Worth Nothing? / 『杉本博司 + ソフィ・カル + 青柳龍太「 UNSOLD」』展にて。

銀座の現代アート、ギャラリー小柳で開催されていた 『杉本博司 + ソフィ・カル + 青柳龍太「UNSOLD」』展。


via Openers


no need to stop, this is worth 
nothing.
ここは見る価値がなさそうだ。

Here are the unsold.
これらは、売れ残りです。

展示はこんな自嘲たっぷりのことばでスタートします。

バラバラに出会った3人のアーティストが、東京・靖国神社まえの蚤の市に出店する…という、そもそもおもしろすぎる内容です。

ソフィ・カルは中古品を中心に、自身が書いた「本当の話」のエピソードにリンクした物を。

杉本博司は本物の古物に自身の作品1点を紛れ込ませて。

青柳龍太は骨董ともインスタレーションともとれる物たちを。


それぞれ、出店物にタグをつけ、説明や単なる名前(「クギ」「麻袋」など)、偽りの名前などを書いています。

売れ残ったものを、その時と同じような配置で置いていました。

一方で、売れてしまった物はタグだけをまとめて展示。



ちょっとウマく説明できないのですが、最初にあったことば、(見る価値がなさそうだ…など)は
まさしく「アート」そのものを皮肉っているような気がします。


アートか、ゴミか。

なにせ、アートなんて史上最強の贅沢品。嗜好品。

これだけモノがあふれ、コピーが出回り、すぐに消費され、シェアされ、キュレーションされる。

贅沢も行き過ぎると無駄になりますよね。

ミニマルやシンプルがいくら流行っても、すごく表面的な“反抗”なきがします。

ただ、わかってはいても、流行という一時的な虚像に加担せず生きることができない、見えない結界のなかで生かされているように感じます。

やはり、わたしにとってアートは、この世界、または社会というかたまりをいちばんクリアに「見せてくれる」手段なんだとおもいました。




■ギャラリー小柳
東京都中央区銀座1-7-5 小柳ビル8階

コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。