"New Look" and Esprit Dior. / ムッシュー・ディオールのモード革命。

時代に挑戦するメゾン、クリスチャン・ディオール。

ラフ・シモンズが2012年にクリエイティブ・ディレクターとなり早二年。

ランバンのアルベール・エルバスに断られたこともあり、しばらく空席だったディオールのトップデザイナー。
当初はラフ・シモンズの選出に驚きの声も多かったような気もしますが、見事なコレクションを重ね、毎回大きな注目を集めています。

銀座で大きな展示会『エスプリ ディオール -ディオールの世界』があったので行ってきました。

ムッシュー・ディオールについてはほとんど知らなかったので、デザイナーとして成功するまでのキャリアや交友関係など、パーソナルな展示部分がとても面白かったです。

ディオールは元々建築家志望だったようですが、両親の賛成を得られず画商になります。
23歳で2軒の画廊をひらき、そこで後の20世紀の偉大な芸術家を紹介しています。



当時の交友関係はその後の制作にも大きな影響・協力を得ていて
ドレス“ピカソ”
ドレス“ダリ”
ドレス“マティス”
などデザインやドレスのイメージになっています。

ジャン・コクトーとの友人関係は有名でしたが、そのほかベルナール・ビュッフェやシャガールなど名前をあげればきりがないほどいろいろなアーティストと親交があったようです。

1933年にシュールレアリスム展を開催したあと、29年におこった世界恐慌の影響もあり画廊を閉鎖します。

これが大きな転機となり、アトリエでオートクチュールを始めます。

1947年2月に無名のクチュリエが開いたひとつのファッションショー、それが世の中を変えた“ニュールック“の登場になったのです。

会場1階では“ニュールック”のアイコンでもあるバースーツを間近で見ることができます。

戦争による混乱や物資不足、そしてなによりションボリしぼんだ気持ちが充満していた1940年代、女性の洋服が男性化していました。

四角く硬い質感のものが定番だった当時、くるぶしくらいの長さのフレアなスカートやウエストを美しく見せるシルエットなど、曲線が効果的に映えるエレガントな装いは斬新そのものでした。

その後、1947年に「ミス・ディオール」を発表。
大胆で才気に富む女性像を体現したそのデザインはモダンでいま見てもどきどきします。

1955年もディオール史に残る事件が。
セザンヌ展にきたダイアナ妃に当時のフランス側のファースト・レディがディオールのバッグをプレゼントします。
そのバッグは「レディ・ディオール」と呼ばれ、名盤になりました。




展示会場では「レディ・ディオール」をモチーフに、名和晃平さんはじめ、現代アーティストたちが作ったオブジェがいくつかあります。


日本のモチーフをたくさん見れる【ディオールと日本】セクション。

ジョン・ガリアーノ時代のゴージャスなドレスもたくさん展示されています。

ジョン・ガリアーノ時代のドレス。北斎の浮世絵がモチーフ。
北斎の浮世絵がモチーフになっています。

が、本来の構図上、遠近法の重要な富士山部分は割愛されていたよう…。


ローズ(ピンク)とルージュ(赤)のリップスティックコーナーにはかなりアバンギャルドなムービーも。

ルージュのナンバーがささやかれています。「Parlez-vous Dior?」


今回の展示でとても面白かったのは、デジタルの使い方。

演出上、コートをスキャンして、コートの縫い目をみたり、利用されているパーツに分解したり。

スキャン中!

ポイントを当てて、その部分を解剖!

この展示用の無料アプリがあり、会場をナビゲーションしてくれます。
フロアはwifi 完備で快適!


itune ページ


アプリトップ
ムッシューディオールの歴史、ディオールというトップ・メゾンの成り立ち、日本との意外にも強く長いかかわり…。

ドレスから香水やメーキャップまで、女性を包み込む“美”の完成度の高さを知ることができる貴重な体験ができました。


■エスプリ ディオール -ディオールの世界
東京都中央区銀座3-5-8 玉屋ASビル

会期は2014年10月30日~2015年1月4日。

4フロアあるので、ゆっくり時間をとって観る or 何度か通うのがおすすめ!

会場正面。


■参考
Christian Dior’s New Designer, Raf Simons
ジル・サンダーを解雇されたラフ・シモンズが
クリスチャン・ディオールの新クリエイテイブ・ディレクターに就任! 


コメント

このブログの人気の投稿

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。

MURDER POLLEN's 15th Anniversary. / マーダー・ポーレンの新作をもとめて。