Shopping via Instagram. / スタートアップ、Olapicに注目。

Kendall Jenner's Calvin Klein campaign.
 Photo via Fashionista.com & Calvin Klein

最近、一番勢いのあるインスタグラム。

インスタグラム社自体も広告販売を開始しましたが、インスタグラムというプラットフォームをうまく使うキャンペーンが増えてきました。

昨年、カルバンクラインはハッシュタグを使った一大キャンペーンを敢行。

わたしの年齢だと「あのころはみんなck1の香水使ってたな〜」と思うはず。
カルバンクラインはいま広告展開がイケています。

いくら積んだのかわからないですが、セレブリティを大勢起用したのが功を奏したのか、ユーザー投稿がと、このテの事例としては一番の成功例と言われています。


最近注目なのは、その先。

インスタグラム自体もショッパブル機能を拡充しています。

ほかにもそういう発想のサービスはないのかな…と思っていたところ、やっぱりありましたね。

スタートアップしたばかりの Olapic と組んだカルバンクラインは、ユーザーからの投稿から写真を調達し、オウンドメディアに使う、という試みをしていました。

参考)OLAPIC RAISES $15 MILLION TO HELP FASHION BRANDS HARNESS CUSTOMERS' INSTAGRAMS (1500万ドル、大体1億8000万円くらいを資金調達済み。)

#MYCALVINS via calvinklein.com

アメリカ人(とは限らないけど)の自撮りのレベル、高い…。

ほとんどのユーザーが、オウンドメディアに掲載されることをポジティブにとらえており、その結果自然にハッシュタグが広まっていくようです。

写真を見て、「いいな」、と思うノリそのままで購入までスムーズに誘導できる…という仕組みのようです。

個人的にはあまりネットショッピングしない方だとお思いますが、これだけの導線があったらもうリアルで買う必要なんてないんだろうな…としみじみ感じました。

このアメリカの流れもすぐに日本に入ってきて「当たり前」になっていくんだと思います。



An interesting article on Fashionista.com.

In short, it’s about new technology for Instagram.
By using this technology, brands can get their products’ photos from user generated content and social media posts such as Instagram.


In one of the most successful cases of a social campaign, Calvin Klein put a gallery up on its site of the best Instagrams with their “#MyCalvins” tag and each image links to products we can buy.

By using this service, brands can save money on creative agencies and photo shoots and customers can see real people wearing and loving the products.

In my opinion, I’m worried that this decreases chances for professionals and experts.

If even luxury brands choose Instagram by amateurs over photographers, it would be shocking.

コメント

このブログの人気の投稿

Fasting Experience / 初めてのファスティングを経て。

Casual dishes in Barcelona./ バルセロナでゆるーい美食を。

One-day Juice Cleanse. / レインボー・ジュースクレンズ。